02

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□  1276
            IMG_4546.jpg


  錠剤は青立春の処方箋
  寒明くる流れて早き夜の雲
  颯爽と攫いにおいで春だもの
  はこべらとらをつけてみる風渡る
  春鴉ラ行の音がままならず
  海苔干すや永遠ひどく長過ぎて






やっと追いついたと思ったらまたさぼって季節に引き離された。この兎体質は一生改善されることはないのだ(断言)。

ご近所の臘梅の香りにぼおっと酔っていたら、いつの間にか時間は飛んで今は天神さまには梅が咲き始めている。けっこう散歩してあれこれ目にしていてもどうしても写生句はできないな。
最近同好の方とときどき家で句のことなど。
駄目な句、嫌いな句については説明できても、良い句は作れないし好きな句はなぜ好きなのかどうしてもうまく言えない。もどかしい日々。
 by   トイナナ  ( URL )
そんなもんですね。
この曲はここが不自然とか、音感ねーだろ!とか言えますがいい曲はただいいのです。
| 2015.03.03 |  [Edit] 
トイナナさん by   砂女  ( URL )
そうなんですよね、良さって理屈ではない。
でもなぜいいのかどうしても説明したくなるものがあって、それがわたしの中では名句です。

つい口ずさむ歌は曲より歌詞に惹かれていて、曲そのものが対象にならないのは音痴の悲しさ(泣)。でも歌詞だけで歌は成立しませんもの、きっと曲もいいんだわ。

散文と違って俳句も短歌もきっと調べも楽しんでいるはずなのですが、やはり言葉が開く世界観に惹きつけられてしまいます(貧 ;_;)
| 2015.03.23 |  [Edit] 
Comment From














▽過去の記事

Designed by 石津 花

・Category
・Comment
・Link
・Profile

砂女

Author:砂女
日々是茫々


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。