10

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□  1280
          IMG_4953.jpg

【新いろは歌ー10】
<46 2016いろはの日 お題は「夏休み」その一>
肩へ猫乗せ刷毛を持ち

夢編む魔法夜空塗り

ブルー鶸色オレンジと

絵日記で咲く夏休み



かたへねこのせはけをもち

ゆめあむまほうよそらぬり

ふるーひわいろおれんしと

えにっきてさくなつやすみ 

<47 2016いろはの日 お題は「夏休み」その二>
濡れ縁で氷食べ

虫拾う野を行けよ

北西 空は赤

船待ちさっきもメール

「夏休み永遠に」



ぬれえんてこおりたへ

むしひろうのをゆけよ

ほくせいそらはあか

ふねまちさっきもめーる

なつやすみとわに

<48 2016いろはの日 お題は「夏休み」その三>
菩提樹の香地を縫って

微睡む猫ら夜へ和せ

ブーゲンビリア遅く咲き

もう夏休み晴へ笑め



ほたいしゆのかちをぬって

まとろむねこらよるへわせ

ふーけんひりあおそくさき

もうなつやすみはれへえめ

<49 2016いろはの日 お題は「夏休み」その四>
ラムネ瓶青い気泡を

メモの下知「外ぶっ壊せ」

繰り出して浜辺にカヌー

夏休み夜さえ揺れろ



らむねひんあおいきほうを

めものけちそとふっこわせ

くりたしてはまへにかぬー

なつやすみよるさえゆれろ

<50 淋しい鬼>
泣く夢も泡夜空冷え
ネットのロマンフリーダム
稚児部屋駈けてほつれ縫う
淋しい鬼は咳をする

なくゆめもあわよそらひえ
ねっとのろまんふりーたむ
ちこへやかけてほつれぬう
さみしいおにはせきをする

※「淋しい鬼は咳をする」というフレーズを使った素敵ないろはがあったのです。
 その一行がとても気に入ってお借りしてしまいました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
毎年4月8日はいろは48文字にちなんでいろは歌の競演がネットで繰り広げられます。
やり始めるときりがないので近頃はその日だけにしか作りませんがこの遊びは奥が深い。
いつか旧仮名を使った正統のいろは歌を作ってみたいものです。
スポンサーサイト
□  1279
       IMG_6287.jpg


【新いろは歌ー9】
<41 2015いろはの日 お題は「紅葉」その一>
胸流る紅蓮は紅葉

泡立てぬ摂理引っ裂き

山を染め解けるオーラ

冬越えよ生命薄紅



むねなかるくれんはもみし

あわたてぬせつりひっさき

やまをそめほとけるおーら

ふゆこえよいのちうすへに

<42 2015いろはの日 お題は「紅葉」その二>
謎溢れホーンは止まぬ

地を分け夢の根っ子へ

夜さえも光に噎せて

君といた黄落する城



なそあふれほーんはやまぬ

つちをわけゆめのねっこへ

よさえもひかりにむせて

きみといたおうらくするしろ

<43 2015いろはの日 お題は「紅葉」その三>
鬼となり生きる世愉し

紅絹を着け吹く風八尋

嘘散って朝は謀叛ね

忘れぬ子らへ夢舞えー



おにとなりいきるよたのし

もみをつけふくかせやひろ

うそちってあさはむほんね

わすれぬこらへゆめまえー

※最後のーがいかにも苦しい

<44 夏至の川>
滅びは夢よそれを以ち

舳先塗りませ蘭三つ

Aum唱えて薄藍に

下る小舟や夏至の川
 

ほろひはゆめよそれをもち

へさきぬりませらんみっつ
 
おーむとなえてうすあいに
 
くたるこふねやけしのかわ

<45 海ホテル>
艀を下ろす海ホテル

猫鮫Mの柔らかな

背鰭も戦ぎ位置に待つ

アフタヌーンへゆっくりと



はしけをおろすうみほてる

ねこさめえむのやわらかな

せひれもそよきいちにまつ

あふたぬーんへゆっくりと

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ほぼ一年ぶりの更新になりました。
なにがあったわけではありません。
ひっそり元気に生きております。

写真は本日歩いた桐生城山。
桜の中をへろへろと登りました。
里山歩きも実に半年ぶり。
□  1203
            烏瓜

【新いろは歌ー8】
<36 小夜子>
小夜子十六痩せっぽち 尾を止め絵踏み寺へ抜け

夏 真昼はソーダ水 淡き眠りにレモンの香

さよこしゆうろくやせっぽちおをとめえふみてらへぬけ

なつ まひるはそーたすい あわきねむりにれもんのか

(”絵を踏み乙女”の方が良かったかと後から思う)


<37 動物園>
動物園の空きを誉め
 ヌー水煙猿鳴いて

白熊海獺寝そびれた 
河馬も湯へ落ち鰐痩せよ



とうふつえんのあきをほめ
ぬーみすけむりさるないて

しろくまらっこねそひれた
かはもゆへおちわにやせよ

<38 逃走せよ>
ゆーん 空鳴る夜明けです  
船をこっちへ先回り

乱れの鵺に美は絶無  
詩と革命やもう朧



ゆーんそらなるよあけてす 
ふねをこっちへさきまわり

みたれのぬえにひはせつむ 
しとかくめいやもうおほろ 

<39 三ツ矢サイダー>
呼ぶ声を真似ソロの鳥
 麦藁帽子投げ捨て

楡・陽・地・風・ハンモック

夢碧へ塗る三ツ矢サイダー



よふこえをまねそろのとり
むきわらほうしなけすて

にれひちかせはんもっく

ゆめあおへぬるみつやさいたー

<40 からすうりの花>
夜を縫ってレース広げ一夜の魔法

風に応え蜜漏らし音符聞く花

朝眠りへ 夢ぞ永久



よるをぬってれーすひろけいちやのまほう

かせにこたえみつもらしおんふきくはな

あさねむりへゆめそとわ

□  1146
          IMG_1242.jpg

【新いろは歌ー7】
<31 サーカスへ>
山・空にジンタは鳴って 月見猫サーカスへ行く

鞭ふるうピエロ頬濡れ 獣・鳥合わせよ夢を

 やまそらにしんたはなって つきみねこさーかすへいく

 むちふるうひえろほおぬれ けものとりあわせよゆめを

<32 香る夜>
君誘い夜間飛行を 星温む夜明けに揺れて

轡真似タブーのベッド 錘責め花散らすエロ 

 きみさそいやかんひこうを ほしぬるむよあけにゆれて

 くつわまねたふーのへっと おもりせめはなちらすえろ

<33 いろはの日ーさくら1>
部屋始末せよ場を揺すり 疑問符潜む迷路抜け

アーチ終って海の声 桜に抱かれ骨となる

 へやしまつせよはをゆすり きもんふひそむめいろぬけ

 あーちおわってうみのこえ さくらにたかれほねとなる

<34 いろはの日ーさくら2>
昼も酣密室へ 真似や朧夜愛盗む

嘘を散りばめユニコーン 狂れて桜の風と消え

 ひるもたけなわみっしつへ まねやおほろよあいぬすむ

 うそをちりはめゆにこーん ふれてさくらのかせときえ

<35 いろはの日ーさくら3>
散り初めの桜を浴びる ほろ苦い傷持つハート

エッジ立て尚塗れよ闇 船廻せ無限へ行こう

 ちりそめのさくらをあひる ほろにかいきすもつはーと

 えっしたてなおぬれよやみ ふねまわせむけんへゆこう

※昨日4/8(と言ってもあたしにはまだ今日だけど)はいろは48文字にちなんでtwitter上ではいろはうたの日だった。お題はさくら。この春はたくさん見た、いやまだ見てる。
□  1088
             IMG_4372.jpg

【新いろは歌ー6】
<26 脱サラ>
哀れな夢はもうたくさん
いまお茶を干しスーツ脱げよ
絶壁超えろ 空の深みに独りで眠る
 あわれなゆめはもうたくさん
 いまおちやをほしすーつぬけよ
 せっへきこえろ そらのふかみにひとりてねむる

<27 賭>
部屋に値を待ち嘘塗って ゲーム面子よ襤褸露わ
誰もが遠く声はせず いきなり寂し冬の昼
 へやにねをまちうそぬって けーむめんつよぼろあらわ
 たれもかとおくこえはせす いきなりさひしふゆのひる

<28 セレナーデ>
今宵窓辺のセレナーデ もちろん君を盗む笛
憂さ終ったね夢作り はや明け空に光る星
 こよいまとへのせれなーて もちろんきみをぬすむふえ
 うさおわったねゆめつくり はやあけそらにひかるほし

<29 群衆>
僕等顔ないモンスター 噂振りまき付け火して
群れを揃えぬ土地殺め 根っこは弛み偽の世へ
 ほくらかおないもんすたー うわさふりまきつけひして
 むれをそろえぬとちあやめ ねっこはゆるみにせのよへ

<30 旅せよ>
狭い村萌野をぬけろ 斜面踏みひとりぼっち
川へ逸れ果てなく泳ぎ さあゆこうルーツ訪ねに
 せまいむらもえのをぬけろ しやめんふみひとりほっち
 かわへそれはてなくおよき さあゆこうるーつたすねに


ふみさんが興味を持ってくださったので写真は山上のお釈迦さま。ほんとに等身大、かつ新しいものなのであたしとしては非常に微妙な気分で横目で眺めてます。クリックすると大きくなるよ。
□  1058
           IMG_3707.jpg

【新いろは歌ー5】
<21 怪僧復活>
骨を放さぬ守倒れ 虚へ夢寄せ巫女潜む
凍てつく淡き山陰に ラスプーチンのシルエット
 ほねをはなさぬもりたおれ うろへゆめよせみこひそむ
 いてつくあわきやまかけに らすふーちんのしるえっと

<22 鬼子母神>
濡れた傷痕肋骨や 産毛もなぞり骨の位置
黄泉経る時間指這わせ 鬼マザー等奴無垢を得て
 ぬれたきすあとろっこつや うふけもなそりほねのいち
 よみへるしかんゆひはわせ おにまさーらめむくをえて

<23 君は誰>
ヌードな夕べくちづけも 頬染め伏せて柔らかに
真白い眠り夜を越え 朝のすっぴん 君は誰!?
 ぬーとなゆうへくちつけも ほおそめふせてやわらかに
 ましろいねむりよるをこえ あさのすっひんきみはたれ

<24 姫眠る>
鵺こそゆらり闇も罠 レースのハンカチ真夜更けて
柘榴を食べ眠る姫 季節に王子あと一歩
 ぬえこそゆらりやみもわな れーすのはんかちまよふけて
 さくろをたへねむるひめ きせつにおうしあといっほ

<25 姫起きる>
「珠六個もて」「湯を沸かせ」「奥に宮欲し」「ドレス縫え」
「パンよりケーキ」姫うざい! 胸の埒減る なあ打つぞ
 たまろっこもてゆをわかせ おくにみやほしとれすぬえ
 はんよりけーきひめうさい むねのらちへるなあふつそ

※さすがに失速。五七から出たいのに五七は強力
□  1047
            IMG_3537.jpg

【新いろは歌ー4】
<16 いろは歌>
雨降る今朝をいろは歌 ひらがな文字に眉根寄せ
「りーむ」って変 道壊す 外の菊濡れ頬杖や
 あめふるけさをいろはうた ひらかなもしにまゆねよせ
 りーむってへんみちこわす そとのきくぬれほおつえや

<17 執着>
ぬめる空よ 綻びた絵/浮気な背へ 闇裂く百合
ブーケ散って 野にマントを/愛は縺れ 胸冒す死
 ぬめるそらよほころびたえ うわきなせへやみさくゆり
 ふーけちってのにまんとを あいはもつれむねおかすし
(6×8の48文字を考えてみた。全部頭韻が踏めればもっと落ち着いた調べになると思うが give up)

<18 始まりは√5>
富士山麓に鸚鵡鳴け 声を潜めて鶺鴒も
アホーの弱音烏病み 沼地ゆったり鶴は飛べ
 ふしさんろくにおうむなけ こえをひそめてせきれいも
 あほーのよわねからすやみ ぬまちゆったりつるはとへ

<19 アル中日記>
部屋温もればまずビール 小雪熱めのふたり酒
ワインみな干せウォッカよ ラムに血を添え詩と寝てろ
 へやぬくもれはますひーる こゆきあつめのふたりさけ
 わいんみなほせうおっかよ らむにちをそえしとねてろ

<20 イヴ>
林檎甘いッ!空墜ちて 重なる初歩塔崩れ
笑みニセモノや羽抜けろ 夢、無をワープ月へ旅
 りんこあまいっそらおちて かさなるしょほとうくすれ
 えみにせものやはねぬけろ ゆめむをわーふつきへたひ

※まだ飽きずに続けている。twitterで教えていただいたがこんな便利なアプリもあるのだ。
もちろんあたしはぺらぺらの手動文字カードを使っているけど。
□  1042
 月に哭く痩せ狼の裔(はて)か我医師に委ねる歯根は猛し
                       (題詠2013:85 歯)

            IMG_3528.jpg

【新いろは歌ー3】
<11 道>
熱砂を越えよ絹の道 テーマはひとつ偽ヘブン
思い出す夢我露悪 無理な嘘から星灼ける
 ねっさをこえよきぬのみち てーまはひとつにせへふん
 おもいたすゆめわれろあく むりなうそからほしやける

<12 逃避行>
あらかじめ結んだロープ 断れぬ重い罪故
根の国へ雪庇蹴る橇 八千穂なき果を彷徨う
 あらかしめむすんたろーふ ことわれぬおもいつみゆえ
 ねのくにへせっひけるそり やちほなきはてをさまよう

<13 尻尾>
青い森から脱けて待つ 尻尾の我 猫 梟
潜んだ千年ムーは闇 名さえ呼べずに夢を切る
 あおいもりからぬけてまつ しっほのわれねこふくろう
 ひそんたちとせむーはやみ なさえよへすにゆめをきる

<14 魚沼産のコシヒカリ>
魚沼産のコシヒカリ 粒も揃ってよく粘れ
雨雪に泣け水選べ 穂を採るチーム世話焼いた
 うおぬまさんのこしひかり つふもそろってよくねはれ
 あめゆきになけみすえらへ ほをとるちーむせわやいた

※なぜかこの日は”魚沼産のコシヒカリ”の競作になっていた。新いろは歌メンバーはたくさんいて(AKBよりは少ないけど)、48文字の組み合わせ、ひとそれぞれのコシヒカリ。

<15 思い出>
面影は細部にわたる 声満ちよベーゼを甘く
夢濡らし論理抛って ひとつ泣き裾野や眠れ
 おもかけはさいふにわたる こえみちよへーせをあまく
 ゆめぬらしろんりほうって ひとつなきすそのやねむれ




Template by coconuts
▽過去の記事

Designed by 石津 花

・Category
・Comment
・Link
・Profile

砂女

Author:砂女
日々是茫々


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。